Home > チラシの裏 > 1-30のレベル上げ(ソロ) まとめ

1-30のレベル上げ(ソロ) まとめ

コルセアLv1からLv30までソロで上げきったので狩場メモ。
サポートジョブは一貫して獣使い。

Lv1 – 11 (1)

三国周辺でのんびりと。
東サルタでマンドラ→マンドラ、ハチ→マンドラ(捕食関係)、ウサギ→マンドラで上げました。
丁度の鳥が出てきたら切り上げます。

Lv5 – 11 (2)

三国周辺で獣人をまぜつつのんびりと。
東サルタで鳥→鳥、鳥→芋。西サルタで蜂→ヤグード、蜂→蜂、蜂→マンドラ(捕食関係)など。
西サルタの蜂がLv10弱辺りで丁度になるはずなので、その辺りで東から西へ移動。
OP周辺に蜂・芋・マンドラ・ヤグードが多数居るので本が近いOP付近がベスト。

Lv11 – 17

タロンギのテレポ岩付近へ移動します。
移動方法は各々適当で。OP経由でもよし、アビセア-アットワ前からでもよし。

テレポイント付近に本があるのでそこでLvを上げます。
楽な相手が多いはずですが、練習相手が混じるまでここで続けます。
ダルメルを操れるようになったら無双状態。
ダルメル→マンドラ・蜂・球根で無双して一気に上げてしまいます。
鳥討伐ページはリポップ待ちが面倒なのでスルー推奨。

Lv15 – 22

ブブリムへ移動。

OP周辺からダルメル生息域手前までを目安に敵を探す。
最初はマンドラ・ウサギ→マンドラ・ウサギ。ウサギ→マンドラは危険なのでお勧めしない。
Lv20から丁度の鳥が見え始めるので、そこから鳥→マンドラ。
鳥は魅了切れの際に周辺の鳥とリンクするので戦闘場所に注意。
「もどれ」と「たたかえ」で戦闘場所の調整を。

Lv20 – 24

ダルメル無双。

マウラ付近まで南下してマウラ前の本を使ってダルメル無双の開始。
ダルメル操り始めの頃は共闘でも共食いできないことが多い(もしくは1匹倒すのに1匹消費する)ので、ページ2の芋+マンドラ主体で。

Lv24 – 26

ダルメル無双しつつプギルも使用し始める。

ページ3とページ5を主体に。
共闘する場合はアシッドミストで攻撃力が大幅に下がるのでページ4は避ける。
逆にミサイルならプギル→リーチも可。逆だと相関関係上不利になるのでオススメしない。

ページ5のゴブリンは一定コースを往復しているBounty Hunterを利用するのが手っ取り早い。
ただしタイミングを見計らわないと容易にリンクするので注意。

Lv26 – 30

アルザビ-ビシージ、Lv5から可能。

経験値入手上限が上がったので用意に5000オーバーの経験値を稼げるようになりました。
自分の好きなときに…とはいきませんが楽なのでこれで上げました。
方法は単純でリキャスト毎にロールを使用してバストしないようにダブルアップするだけ。
アストラルリングなどのHPをMP変換装備や、エレクトラムリングなどのHP-系装備がある場合はリフレサンクションを付けてサポ白でも良いでしょう。
方法は単純で、HP減らす→戻す→自己ケアル→MP回復待つ→HP減らす→戻す→自己ケアル(繰り返し)

卑怯?卑怯で結構。

まとめ

ソロ最弱とも言われるコルセアでも回復系の魔法なりアビリティなりが無くても割と気軽に上げられたのでサポ獣はやっぱりすごい!と実感しました。
これから始める新規さん、わりと最近始めた新規さんはまず白を30まで上げた後に獣使いを取得してLv.50くらいまで獣使い上げると(メインジョブ用のサポートジョブの育成を考えると)後々が楽かもしれませんね。

ビシージについては、
Lv26、蛮族軍Lv8(各HNM獣なし)でも20分弱で6500exp。
Lv29、蛮族軍Lv8(ハイドラ・キマイラ確認)でも30分程度で9600expが入ります。
Lv30までであれば経験値6000程度で1レベルアップするので、装備品揃えずとも手軽に上げられるようになってしまいました。
これを利用するとLv1-20をビシージのみで、Lv20-30をビシージ+ミラテテで、Lv30-90はアビセア箱(カギ)で…とすると敵を1発も殴ることなくLv90まで上げることも夢ではないかもしれません…。

Home > チラシの裏 > 1-30のレベル上げ(ソロ) まとめ

検索
フィード
メタ情報

Return to page top