Home > 学者 > 机上演習その後

机上演習その後

月曜のENMと、最近積極的に参加しているビシージに赤/学にて出動してみました。

ENMは学者Lv.35にて。
ビシージはLv.35-36にて。
まだ割れてるんだけど気にしない。

装備品

前回のエントリで変換装備以外で最大HPを上昇させると変換上限が上がる。というのを書いたので、
手持ちの装備で最大HPを上げるマクロと机上演習を実行するマクロを作ってみました。

desk
  1. /equip head ワラーラターバン
  2. /equip ring1 ベヒモスリング
  3. /equip ring2 ベヒモスリング
  4. /equip hands パラースの腕輪
  5. /equip feet ダスクレデルセン
  6. /ja 机上演習 <me>
  • ワラーラターバン = +30
  • ベヒモスリング = +10 x2
  • パラースの腕輪 = +35
  • ダスクレデルセン = +25

各装備の性能は上記リストにて。
ジョブアビリティの為CTが無いので、発動前に着替える必要があります。
上記5点着替えると、最大HP+110。
素の最大HPが1080なので、1080+110=1190になります。
机上演習の最大変換量は最大HPの1/4なので、4/1190=297.5
ラグの影響もありますが、概ね297回復です。
机上演習のチャージ時間は2/(4/1190)*3=446.25sec
端数切り上げで、7min27secですかね。

リフレシュとの棲み分け

白魔法リフレシュよりも机上演習の方が優先度高い為、
机上演習(チャージ中含む)のアイコン表示中はリフレシュが入らない。
また、リフレシュ効果中に机上演習を実行するとリフレシュが消える。
ということを踏まえて使い分ける必要があります。

自己リフレの場合を考えると、消費MPが40で、回復総量が150MP。
差し引き150-40=110と、自己リフレでは2分半の間に110MPを回復することになります。
またこの回復方法が、効果時間中徐々にMPを回復(3mp/3sec)なので、
戦闘中、常にMPを監視しながら次のリフレシュ分のMPを確保出来るように消費しなければなりません。

机上演習の場合は、一定時間経過後にチャージした分を一気に回復する。
というアビリティなので、次のキャスト用のMPを確保するという必要がありません。
また同じ2分半でも100MP分のチャージしか出来ないので、自己リフレに10MP分劣ります。
(チャージ中に30秒間のみバミクロなりを着ると110MP/150secに届きます)

感覚としては、リフレの場合は緩やかにMPを消費するイメージ。
机上演習はMPをスッカラカンにするまで(極端な話ゼロになるまで)MPを使えるイメージでしょうかね。
ただ机上演習の場合は、現在どれだけチャージしたのかが分からない為、
目に見える残りMP量が分からないといったデメリットもあります。
(リフレの場合は付き合い長いので現MP+110というよりも大体コレくらいMP使うとコレくらい残るっていうのが分かります。)
図で示すとこんな感じ?

reflesh vs sublimation

図を作ったはいいけど自分でもイマイチ分からんな……。
言葉でも上手く表現出来ないんだけど、リフレと同じ感覚でMPを使えないってことを言いたいんです。
ある程度の時間を決めて、フルチャージ前にもう一度机上使えば途中でも還元されるので、
ヴァナ時間で1時間=地球時間で2分半なので、これを目安にすると良いのかな?
※前述の着替え+机上演習であれば約7分半なので、約ヴァナ3時間でフルチャージ。

注意すべき点は机上演習のリキャストが30秒である点、
コンバートを行うと(大抵の場合MP2桁以下で行うので)強制的に机上演習が切れる点、
机上演習中は自己リフレシュが入らない点の3点かな。

特に1番目の机上演習のリキャストが30秒というのは、
チャージ→チャージ終了→還元→再チャージ開始の最後の2つ、
還元→即再チャージが使えないので、この間に自己リフレを入れてこれが切れたら再チャージというのが良さそうです。

  1. 最大HPを増やして机上演習チャージ開始
  2. フルチャージ完了 or チャージ手動終了
  3. 再机上演習 = MPに還元
  4. 自己リフレシュ
  5. 自己リフレシュ効果終了
  6. 最大HPを増やして机上演習再チャージ開始

という流れ。
フルチャージで約300MPを回復し、自己リフレで40MPを消費。
パーティメンバーにリフレを回すなり、戦闘で消費するなどを自己リフレ効果中に行ってコンバートすれば、
机上演習効果が強制的に切れる(最大HPの1/2を下回る)という自体も避けられるという点も評価出来るのではないでしょうか。

流れで見るところの5番までに回復するMP量が約410MP。
これは自分の戦闘時の最大MPの約1/2に当たります。
そう考えるとこの流れで使っていけば常時自己リフレに比べて遜色ない動きになるんじゃないかなと思った机上の空論。

流れ的には既にこういう動きしてます。
ENM時はサポート役というよりもある程度の堅さのある後衛的連続魔ヒャッホイしてそれどころじゃなかったんですが。

Home > 学者 > 机上演習その後

検索
フィード
メタ情報

Return to page top