Home > チラシの裏 > Samurizeで新裏用の時計を作った

Samurizeで新裏用の時計を作った

Samurizeを使って新裏用のアビ時間対応時計を作ったメモ。
使用したプラグインのVanainfo.dllが既に配布終了されているようなので、プラグインを確保している人しか使えません。
配布していたサイトも、ググっても検索に引っかからなくなっているのでどこだか分かりません。

中の人が時間管理をしやすくするためのものなのでFFXI本来の内容とはほぼ関係ありません。

プログレスバー用の前提

人によってデザインの方法は変わるだろうけど、今回は手っ取り早くプログレスバーを使った。
20160204

各時間帯は8時間ずつ3回に分かれる。
プログレスバーの幅は160pxとし、20px毎に区切りを入れた。これで升目は8となる。
プログレスバーは仕様上では10進数しか扱えない為、実際の数値とは齟齬が生じる点に注意。
(159の次が200、259の次が300)

  • プログレスバーで各時間帯を表現する
  • オルデはサンドの旧通貨なので赤
  • バインはバスの旧通貨なので青
  • ツククはウィンの旧貨幣なので緑
  • 参照する数値は時分(デジタル用)で、フォーマットはhnn
  • 参照する数値が時のみ(h)の場合、プログレスバーの更新は全24回
  • 参照する数値が時分(hnn)の場合、プログレスバーの更新は60×24で1440回
  • 参照する数値が時分で分が0補間ではない場合は1:23と12:3が同値になってしまう為、必ず補間すること
  • アナログ時フォーマットのhaは13時以降を表現できないため却下
  • アナログ分フォーマットのnaは10分未満で0を補完できないため却下
  • オルデ・バイン・ツククでそれぞれバーを作り、全て同サイズにして完全に重ねる
  • 通知機能を使って不要なバーを透過させ、必要なバーのみを表示させる

プログレスバーの配置イメージはこんな感じ。
画像では上からツクク > オルデ > バインの順で重ねてあるが、バーは常に1つしか表示されないように設定するので順序はどうでもいい。
ポイントとしては、「時間になったら表示させる」ではなく「該当時間以外は表示しない」であること。
20160204_3

各バーには以下の条件を予め決めた。

  • プログレスバーの設定において最小値の下二桁は00
  • 同、最大値の下二桁は59
  • 通知機能での設定において、下回る場合の下二桁は00
  • 同、上回る場合の下二桁は59

通知機能の設定では、59の次の00 or 00の前の59 が切り替えタイミングになる。
20160204_2

バイン時間

00:00 – 07:59

通知機能の設定
  1. 通知名: 08_24
    • 条件: 値を上回る時に
    • 値: 759
    • 透過値: 0
プログレスバーの設定
  • 最小値: 0
  • 最大値: 759
  • バーの色: 0,128,255
  • 透過値: 255

オルデ時間

08:00 – 15:59

通知機能の設定
  1. 通知名: 00_08
    • 条件: 値を下回る時に
    • 値: 0800
    • 透過値: 0
  2. 通知名: 16_24
    • 条件: 値を上回る時に
    • 値: 1759
    • 透過値: 0
プログレスバーの設定
  • 最小値: 800
  • 最大値: 1559
  • バーの色: 255,0,0
  • 透過値: 255

ツクク時間

16:00 – 23:59

通知機能の設定
  1. 通知名: 00_16
    • 条件: 値を下回る時に
    • 値: 1600
    • 透過値: 0
プログレスバーの設定
  • 最小値: 1600
  • 最大値: 2359
  • バーの色: 0,255,0
  • 透過値: 255

Home > チラシの裏 > Samurizeで新裏用の時計を作った

検索
フィード
メタ情報

Return to page top