Home > イベント | 日々のメモ | ナイト | 獣使い > 最近やった上位BF

最近やった上位BF

最近やった上位BFの攻略所感まとめ。

★憎悪 (AAGK) ふつう

HPワープは#5へ

  • ナ/剣
  • 獣/踊 (with 迎撃のパトリック)
  • マッキーチェブキー (光曜日は避ける)
  • コルモル
  • ウルミア
  • クピピ or アプルル or ヨランオラン

コルモルでウルミアの足止めを行いつつ、ナイトへ歌が漏れない位置をキープさせる。
アプルル or ヨランオラン > ウルミアと配置させると歌が漏れやすいので召喚順に注意が必要。

戦闘所感

エンチャントルーン > ルックスx2でエンライトのダメージの底上げを行う。
ソードプレイが結構良い仕事をしてWSをそこそこ避けるので使っておく。

強化を入れて抜刀したらセンチネルにカーソルを合わせて突撃。
一発殴ったらセンチネル→広場の端に移動してフラッシュでタゲ固定する。

フェイスから強化を一通り受けたらフラッシュのリキャストが完了しているはずなので、再度フラッシュ。
獣を操作してAAGKの真後ろに位置するように「たたかえ」
獣本人はAAGK > トカゲ > 獣 と一直線になる位置で、かつペットへの指示が届くギリギリの位置に立つ。
亢竜天鎚落が敵中心範囲攻撃なのでトカゲはダメージを負うが、マスター本人まで巻き込まれないように立ち位置に気を配る。
なお同様の理由で近接系フェイスは(白フェイスを独占されてしまうので)使い物にならない。

ナイトのTPが300くらい溜まったら、トカゲで「ブレインクラッシュ」→「テイルブロー」で核熱連携を発生させる。
核熱連携が発生する頃にはナのTPが1000を超えているので、核熱エフェクト後に「サベッジブレード」で光連携を発生させ、フラッシュMBを行う。
以降、核熱→光→フラッシュMBを戦闘終了までループ。

ナ自身の強化としては、ルックスx2とクルセードとエンライト(II)をキープ。
ソードプレイを戦闘開始直後に使っていればリキャスト完了するのは終盤なので、余裕があれば使う。
ランパートなどのアビリティは使用しなくとも、サベッジ→光→フラッシュMBでタゲの固定は容易。
ヘイストIIとマーチが入っていればリアクトの常時展開が可能なのでこちらも積極的に使っておく。

6分半~7分前半で倒せる。

★男神 ふつう

あっさり倒せる時と超強い時の差が激しい。超強いのは前半だから静寂の所為ではないはずだし…

  • ナ/剣
  • 獣/踊 (with 迎撃のパトリック)
  • コルモル
  • ウルミア
  • クピピ or アプルル or ヨランオラン
  • セルテウス

戦闘フィールドがやや広いので、戦闘開始時の強化が漏れないように2垢はセルテウスをタゲロック&オートランで追尾させておく。
範囲攻撃が多く、全員のHPが凹みやすい。また範囲静寂を食らっても回復可能なセルテウスが猛威を振るう。
同様の範囲回復を持つアシェラでも良さそうな気がするけど、アシェラは近接系なので近寄ってこないフェイスの方がいい。

戦闘時間は長くても前半/後半あわせて15分弱なので、1回は全滅しても立て直せる。
全滅する場合は倒れる位置に気をつけること。

戦闘所感

超強い男神を引いてしまった場合はペットがすぐ沈むので、「しょうしゅう」ではなく「よびだす」から始める。

コメット・メテオのダメージがやや痛いのでエンチャントルーン > デネブレイx2をキープしておく。
どうやらエンチャントルーンは「かむうた」によるディスペル効果の影響を受けないらしい。
頻繁にノックバックを食らうので壁(フィールド端)を背にした方が良い。

「かむうた」で強化を頻繁に消され、フェイスがそれの対応に追われ(行動優先度は回復 > 強化 > 弱体)MPが凹みやすい。
プロシェルV系が頻繁に飛んでくるとMPが切れやすいので自己回復をやや多めに行うこと。
獣は一切殴らずともセルテウスのリジュヴァネーションでTPが増えるので積極的にワルツを使う。

1戦目の敵HPはやや低め。ギリギリのヘイトを見極めてトカゲでの核熱連携を積極的に狙う。
前述のとおり強化が消されやすくフラッシュの回転数が少なくなりがちなのでヘイト管理には注意する。


1戦目終了後はフェイスのMPが全快するまで戦闘開始しない。
棒立ちさせておくだけでモリモリ回復していく。その間に自己強化を行っておく。
ペットには「いたわる」と「まってろ」を使用しておく。
獣(マスター)は再度セルテウスをタゲロック→オートランで追尾させておく。

男神の足元のサークルが赤(オレンジ)の時は物理無効(ファイアボールもなぜか無効)なので回復に努める。
凡そ1分強で解除されるので、解除されたら核熱連携を始める。
ダメージ無効状態は頻繁に使ってくるので、チャンスを逃さず削っていく。

範囲静寂は回復できないタイプなので時間経過を待つしかない。
同時にアムネジアを食らうことは稀だが、アムネジア状態にない場合は積極的に獣のワルツで凌ぐ。
(あとはセルテウス頼み)

★ござる ふつう

20戦ほどやってみたので一部修正

  • ナ/踊
  • 獣/踊 (with 迎撃のパトリック)
  • シャントットII
  • コルモル
  • ウルミア
  • クピピ or アプルル or ヨランオラン

戦闘所感

チェブキー三兄弟の攻撃はフィールド端でも届くので実質どこで戦っても同じ。
正直ござるの攻撃よりもチェブキー兄弟の攻撃の方が痛い(ウザい)。
男神とは違い、回復可能な範囲静寂が頻繁に飛んでくるのでヒーリングワルツで対処する。
クピピの静寂を回復してやればクピピが他メンバーへサイレナを投げるので最優先でクピピを回復すること。
パライガを食らった場合は最優先で自分にヒーリングワルツ。潰された場合は万能薬で回復し、次にクピピ→2垢の順でヒーリングワルツを使う。
白フェイスから2垢(獣)への回復はHP回復を含めて最後に回されるのでナイト側で優先して回復してやる必要がある。
このため獣/踊で普段なら回復の必要のない静寂も、麻痺の治療の際にヒーリングワルツでの回復の妨げになるので都度回復しておく。
欲を言えば獣自身で回復するのが良いんだけど、TPが貯まらないのでナで回復させた方が早い。

テンゼンからの攻撃が鏡花水月の頭割りダメージも含めて大して痛くなく、チェブキー兄弟からの攻撃は状態異常系がメインということで味方全体のHPが大きく凹むことは稀でセルテウスの範囲回復は2戦やって1回使うかどうか程度の頻度。
序盤こそセルテウスを使っていたが、核熱→光の連続MBを期待してシャントットIIを使ってみたところ、戦闘時間が9分台から6分台まで大幅に短縮できたので以降こちらを使っている。
なお鏡花水月の頭割りダメージはフェイスを含めたパーティ全員+ペット1匹で食らうと1人頭430ダメージほどに落ち着くのでディバインワルツ2回分で賄えてしまう。

チェブキー兄弟の範囲攻撃で獣のペットが頻繁にタルタルを殴りに行くので、連携前は必ずござるに「たたかえ」でターゲットを指示すること。
同様にペットのHPも凹みやすいのでリキャスト毎にゼータで回復しておくと良い。エータ以上だと回復量が高すぎる気がする。

ござるの攻撃はオハンがあればそれほど痛くはない。
チェブキーの範囲攻撃(ガ系・ジャ系)が結構痛いのでディバインワルツをフェイスに使って回復の手助けをしておくとフェイスのMPが切れにくくなって良い。
特に獣のマスターのHPが頻繁に凹むので、こちらには特に気を配っておく。

特に難しいことも無く。早ければ6分半~7分ほど。
光曜日はフェイスと同じような仕様なのかタルタルの攻撃頻度が落ちるようで、5分半~6分ほどに短縮できる。

テメナス中央塔地下1階-II

  • 獣/踊 (with たれ耳ドルトウィン)
  • 獣/踊 (with 迎撃のパトリック)

バザー覗いてたらメタルチップが捨て値で売られてたので行ってみた。初見。

ドルトウィン(ウサギ)のレベル上限はがんばっても118だけど気にならない。
基本的に操作はウサギ側で、爪旋風脚をメインに使用して削っていく。
小部屋に配置されているアーンは爪旋風脚2回で沈む。トカゲはファイアボールを使う。
なおアーンは通常の個体と同様に復活するので、戦闘終了後は死体が消えるまで待つこと。

広場に配置されているユブヒは、爪旋風脚を連発して雑魚叩きに専念する。
トカゲは核熱連携でボスを叩く。
マップ内を徘徊しているゴラホも同様の方法で倒す。
なおゴラホはマップ内を時計回り or 反時計回りを続けるようで、なかなか会えない場合は周り方を変えてみる。

アーン全部(最後の1匹)、ユブヒのボス、ゴラホのボス、をそれぞれ倒したときに出る茶箱。計3箱を開けるとクリア。

テメナス中央塔4階-II

  • ナ/剣
  • 獣/踊 (with 迎撃のパトリック)

イージス無くともシタデルバスターのダメージは1000以下に抑えられるので大した脅威ではない。
むしろ最大の敵はシタデルシージによる即死。一撃避けの要領で避けられるが、大抵間に合わないで死ぬ。
リレイズ必須。

戦闘所感

頻繁にテシペーションを使ってくるので強化が全部消える。(エンチャントルーン除く)
毎回強化を入れなおしているとMPが足りないので最低限に留める。
具体的にはシェル4だけ。オハンがない場合はプロテスもあった方がいいかも。
エンチャントルーンはデネブレイx2で光ダメージに耐性を付けておく。

獣は最初から全開で核熱連携を行えれば良いのだけれど、そうもいかない理由がある。
エナジースクリーン(物理無効)が鬼門。
スクリーン未使用の場合に大ダメージを受けた属性が物理か魔法かによって判断しているらしいので、スクリーン効果が切れた(未使用)の時にファイアボールを撃ってマナスクリーンを使わせたら核熱連携を行う。
HP50%以下から10%削る毎にシタデルシージ(即死)が飛んでくるので、核熱連携で10%以上削るとまず間違いなくペットが消える。

敵HPが2割を切ったらシタデルバスターが解禁となる。
カウントダウン中は一切の特殊攻撃を行なわないのでエナジースクリーンを張られる心配が無く攻撃し放題になるが、1回目のシタデルバスター使用時にはどんなに頑張ってもカウントダウン中に倒しきる(約1分間でHP2割を削りきるのと同義)ことは出来ないので1回目は食らってやり過ごす。
カウントダウン中は敵対心が徐々に下がる(らしい)ので、カウントダウンが始まったら速やかに核熱連携を行い、ナでセンチネル→フラッシュでヘイトを稼いでおく。
獣は逃げておく。

シタデルバスター対策として被ダメカット(-50%)、デネブレイ x2、シェル4で716ダメージ(固定)にまで下がった。
4回食らって4回とも716ダメージだった。
獣が食らった場合はまず間違いなく即死。ペットが食らった場合はHP満タンなら生き残れるかもしれない。

1回目のシタデルバスターカウント中にHPを10%以下まで削れた場合はシタデルシージがバスターに重なって発動しないが、バスター発動時のHPが11%以上だった場合、少し削るとシージ(即死)が飛んでくるのでHP残量とログには注意する。

シタデルバスター後は約1分間の通常モードに入り、その後再度カウントダウンが始まる。
1回目のシタデルカウントダウン中と待機時間中にある程度削れていれば、2回目のカウントダウン中に核熱連携を連発すればそのまま倒せる。
無理そうならもう一度耐えても良いが、アンリーシュも使えばそのまま倒せるはず。

新ナイズル

キャンペーン中だったので

  • 獣/踊 (with たれ耳ドルトウィン)
  • 獣/踊 (with 迎撃のパトリック)

作戦内容次第では100層も目指せるが、成功率は2割程度。
大抵95層辺りで時間切れになる。
キャンペーン中は箱+1(+2)の取得がメインになるので60層をゴールに設定し、20/40層でそれぞれボスを倒すように飛び層を調整すると良い感じで30分以内に+2箱が3箱回収できる。

殲滅系はウサギ(爪旋風脚)、駆逐系と特定殲滅はトカゲ(核熱)を使用。
ランプの場合はメイン垢(ウサギ)に2垢を/followさせて連れて行く。それ以外は片方がスタートのポールで待機。

駆逐系の場合は目標を倒した後も一応マップ内を一通り見て廻り、NMが居れば積極的に倒す。

ランプ同時だった場合は2垢をその場に残してメイン垢で探す。
絡まれすぎた場合は倒す。戦闘中に2垢をスタート地点へ戻しておく。

ランプ手順だった場合は2垢をその場に残して、残りをメイン垢で探す。
2垢は1本目のランプの位置で待機。
点灯したらチャットモードをパーティ会話にして…4本の場合は以下のように発言してログを残す。
1 2 3 4 … と打っておき、4本目のポールはメイン垢の、1本目のポールは2垢の画面で確認。点灯なら1o、無灯なら1xとする。
1x 2 3 4x … 1本目と4本目が無灯だった場合はとし、逆順で3→2と辿りながら灯火を確認する。
1x 2o 3o 4x … と確認できたら、正解にむかって試行錯誤する。この場合の正解は 4 2 3 1。
ポールがある部屋に敵が居る場合は再度訪れる場合も考慮して、発見した時点で掃除してしまう。

Home > イベント | 日々のメモ | ナイト | 獣使い > 最近やった上位BF

検索
フィード
メタ情報

Return to page top